仙台市泉区八乙女・女性専用整体、操体法、さとう式リンパケア、肩こり、腰痛、膝痛、慢性疲労、小顔、リフトアップ、ボディケアなら整体サロンベルフラワー

操体法とは

操体法

画像の説明

操体法(そうたいほう)とは、仙台市の医師 故橋本敬三先生(1897~1993)が、まとめあげた健康法、治療法、そして生き方の道しるべです。

操体法では、人間、動物が本来持っている原始感覚(快・不快の感覚)を確かめながら、心地よい方へ動く事によって、からだの歪みを整え、バランスをとっていきます。

原始感覚(快・不快の感覚)・心地よさって?

身近な例で言うと、犬や猫は、起きたらノビをしますね。
うちの犬を観察していたら、寝て起きた時は、必ず、後ろ足、前足と二回に分けてノビをしていました。

赤ちゃんは、自由に手足をばたばた動かしたり、小さいからだでたくさん寝返りをして、思いがけず、部屋の隅まで、寝返りで移動していたりします。

小学生くらいの子が椅子にすわると、ももの下に手を入れて、足やからだをブラーンブラーンと、揺らしたりします。

大人も、朝起きた時に、何気なくノビをする事ありますね。

そういった自然の、心地よい、気持ちのいい動きで、実は動物も人間も、からだのバランスを整えています。

しかし、忙しい毎日を送っていると、何となく気持ちいい、何となく心地いいという原始感覚が、鈍ってしまいがちです。

操体法の実際の操法では、心地よいほうへ、動かしやすいほうへ、お客様の感覚を確認しながら、進めていきます。

息・食・動・想・環の基本原則

人間には、自分の責任の上でしなければならない事、他の人に代わってもらう事が出来ない事が、4つあります。

1.呼吸 2.飲食 3.運動 4.思う事 

この4つに、5.環境 を合わせた5つが、つながりあって、心身のバランスをとっています。

息  呼吸、ゆっくりと深い呼吸
食  食事のバランス、よく咀嚼する
動  からだの動かし方、心地よい方に動かす
想  こころの持ち方、感謝の気持ちを持って
環  身のまわりの環境を整える

整体で、からだのバランスを整えようとしても、生活習慣の乱れや、不平不満のこころをもっていれば、快適に生きていく事が難しくなります。
息・食・動・想・環は関連し合い、補い合い、つながっています。

60点で間にあっていればいい

基本原則とは言っても、完璧な100点を目指す事ではありません。
許容範囲の中でも、人は快適に生きられるようになっています。
心地よさという原始感覚にしたがって、頑張りすぎず、欲張りすぎず、快適に十分に生きていく・・・
60点で間にあっていればいい・・・
操体法は、そんな生きていく上での、道しるべになることでしょう。

操体法について、おすすめの本


画像の説明
  • 楽しくわかる操体法     今昭宏先生・丸住和夫先生著

仙台操体医学院の今昭宏先生と、毎年仙台で行われる「まるこん操体コラボ」でお世話になっている、京都の丸住和夫先生の共著です。
わかりやすい文章の中に、操体の極意がたくさん詰まっています。








画像の説明
  • 万病を治せる妙療法-操体法ー   橋本敬三先生著

初めて読んだ操体法に関しての本です。
「からだの設計にミスはない、気持ちよく動けばいい・・」という言葉に勇気づけられます。








完全予約制・一日限定4名様

整体サロン ベルフラワー

〒981-3135
宮城県仙台市泉区八乙女中央3丁目2-30
リバーサイドヒル及川107
仙台操体医学院内SPACE38(地下鉄八乙女駅徒歩2分

定休日:木曜午後、土曜午後、日、祝日、その他不定休
営業時間:10時~17時
駐車場:車でお越しの方は、予約時におっしゃって下さい

050-3574-6532

ご予約、お問い合わせは
「ホームページをみて・・・」とお電話下さい

  • 施術中は電話に出られない場合があります。
    恐れ入りますが、留守番電話にお名前・お電話番号・内容を入れて頂ければ、後程折り返しお電話致します。
  • またはメールフォームよりご連絡願います。
    お返事は、営業日、営業時間内になりますので、ご了承ください。


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional